天然石と遊ぶ喜び

2017-05-30

店主のひとりごと

t f B! P L

石を手に持って隅々まで眺めてみる。

買った時には気づかなかった小さな結晶、
クラックの虹、色の変化、グラデーション。

結晶のデコボコ、切り出しの鋭い断面、
激しい蝕像の痕。

そっと触ってみる。

手に取った瞬間
風が吹き抜けたような
暖かい毛布で包まれたような
やって来た感覚を追いかける。

石の声を聞く
音は聞こえないけど
確かに感じる
そこにある波、周波数。

日の当たる場所、日陰、部屋の中
光の質で起こる色の変化
差し込み方でふっと現るレインボー。

石とワークをしているなら
言葉以外のもので降りてくる微細な感覚を見逃さないで。
自分の石言葉が生まれるから。



とことん味わう
そして腑に落ちる
もっと仲良くなれる

わからない?それでも大丈夫
難しく考えずに遊んでみて。

楽しみは自分で見つけ出すもの
誰かと比べない、自分のペースで楽しむだけ。

愛するものへの
好奇心とリスペクト

そこから喜びと
コミュニケーションが生まれる。

twitter

QooQ