DenverShow 2013 その1

Friday, February 07, 2014

ショップに出ているクリスタル達の半分以上は
私が海外のミネラルショーへ行って直接買い付けています。
海外のミネショーは、日本のショーとはまた違った
魅力や発見があって本当に楽しいんです♪♪



という事で、まだ詳しい事を書いていなかった
昨年のデンバー・ミネラルショーの様子を
簡単にご紹介したいと思います。



アメリカは鉱物好き大国(?)のようで、

1年間に開催されるミネショーの数がハンパなく多く、
中でも一番規模が大きいのが、今ちょうど開催中のツーソン・ミネラルショー。
たぶんその次が、昨年私が行ったデンバー・ショーです。

ショーはいくつかの会場に分かれています。
1週間から10日間ほど、ホテルや競技場を貸し切って
開かれているのはプロ(バイヤー)向けのショー。
週末の3日間だけイベント会場(東京だとビックサイトみたいな)
で開かれるのがメインショーという一般の方向けのショーです。

このメインショーは、鉱物フアンだけでなく地元の方も来て楽しんでいます。
特に子供達に人気のようで、子供向けの出し物もたくさん用意されていました。


2013年のテーマはトルマリン。ということで
たくさんのトルマリンが展示されていました。
どれもハイクオリティな結晶!目の保養になります♪

他は、地元の鉱物愛好家クラブからご自慢のコレクション展示が延々と。
コンテストのようで、入賞者の展示にはリボンがついていました。


9歳の女の子が夏休みに自ら採掘した鉱物コレクション!!(脱帽)


これは超マニアックなコレクション!!産地別のパイライト。
初めて見る産地も多数。勉強になりました。

蛍光する鉱物の特別展示。真っ暗な部屋で展示されています。



会場はとっても広いので、展示や販売エリア以外に
お楽しみ(イベントや出し物)エリアがありまして
中でも感心したのはキッズ専用の「鉱物&化石の質問コーナー」
地元の鉱物&化石愛好家の方が子供達からの質問に対応していました。
これ、いいアイデアですよね。
フツーの親御さんは家でアレコレ聞かれても答えられないし(^^;;
しかも質問した子は小さな化石や石を1個もらえるんですよ♪(もちろん無料)
日本のショーでもやればいいのにって思いました。




あと大人も参加出来る「砂金を探せ!コーナー」も人気でした。
金魚すくいの水槽みたいな所に、砂と水がたくさん入っていて
そこから砂金(ほんとに入ってるの?ww)やカーネリアン、ローズクオーツなどの
色石の粒(7種類ぐらいあった)を専用のお皿を使って
砂を洗い流しながらを探していきます。(パンニングといいます)

子供達は色石を見つけただけで大はしゃぎ。
小さな瓶をもらって、その中に色石の粒を入れて楽しんでいます。(瓶も石も貰える)
大人は砂金狙いwwなので、目を皿のようにして砂金を探しています。
何十人もの(広いんです、このコーナー)いい大人が
黙々とパンニングしているのは、端から見ててオモシロかったです。

私もチャレンジしましたよ!
砂を洗うコツを掴めば結構ハマります(笑)

私、けっこー遊んでるように見えますが
この時、既に仕入れは終わってますのでご安心をww


(つづく)






You Might Also Like

0 コメント

Copyright © 2014 Shukran88*blog

Subscribe