コロラドの白雪姫(1)

Tuesday, July 26, 2016

鉱物はけっこう『産地がキモ』で、
ちょっと珍しい産地の石を仕入れた時は
どんな場所なのかを調べることが多いです。

最近アップしたコロラドのミルキークオーツの産地。
モソモソ調べているうちに深みにハマり、
なんと専門誌を1冊を買うハメに。(それくらい情報が少ない…)

こりゃ、ブログの記事にでもしないと元が取れないよっ!(笑)
ということで産地情報をまとめてみました。




コロラド州南西のOuray County(郡)。
中心の町から少し南に行ったところに水晶の産出エリアがあります。
ここは「アメリカのスイス」と呼ばれているらしく、
Googleストリートマップでチェックしてみると、
確かに風向明媚な山間部といった感じ。




この辺りは石灰岩の鉱脈があり、昔から色々な鉱物が産出します。
ミルキークォーツは、”リードヴィル石灰岩”脈の亀裂が
空洞になったポケットから出てくるそうです。

ミルキークオーツは1990年代に初めて見つかりました。
採掘しているのは主に個人の鉱物コレクターさん達で、
自分達が発見したポケットにユニークな名前をつけています。





「Leaning Tree Pocket」

1993年に発見されたポケット。
近くに、古い”Leaning Pine Tree”(松の木)があったので命名。

1998年に再調査した時、パイナップルやマツボックリのような形の
ミルキークオーツを発見。65ポンドもの水晶が取れたようです。
その時、ポケットは「げっ歯類の動物」の巣穴になっていて、
ドキドキしながらそこに腕を突っ込んで穴を掘ったとのこと。(^^;;

ショップに出ている2つのクラスターは、98年の再調査に参加した
”Robert Stoufer” 氏が2014年に採取したものです。

>>コロラド産ミルキークオーツクラスターM
>>コロラド産ミルキークオーツクラスターS



その(2)へつづく



You Might Also Like

0 コメント

Copyright © 2014 Shukran88*blog

Subscribe